「色絵吹墨草花文額皿」|専門店だから高額買取。今泉今右衛門の作品(陶磁器・骨董品)は高価査定を実施しております

「色絵吹墨草花文額皿」

十三代 今泉今右衛門

色絵吹墨草花文額皿

・製作年:-
・技法:陶磁器

十三代 今泉今右衛門 作品の売却をご検討のお客様へ

十三代 今泉今右衛門の陶磁器は市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。十三代 今泉今右衛門「色絵吹墨草花文額皿」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様はアート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

今泉今右衛門の作品価値と買取相場

「色絵吹墨草花文額皿」の作者としても有名で、江⼾時代から14 代続く、⾚絵付の家系として腕を振るってきた今泉今右衛⾨。彼らが絵付けを施した⾊鍋島は、将軍家への献上品、幕閣・公家・諸⼤名らへの贈答品として⽤いられ、⾼い品格を誇ります。
明治以降、今右衛⾨家は本窯を築き⾊鍋島復興に尽⼒。その技術は現在まで継承されており、国内外で⾼い評価を得ています。また、14 代は江⼾時代から使われている「墨はじき」という技法にこだわり、作品を制作しています。作品の裏に引っかいたようなサインがあれば本⼈が制作した証とされており、⾼額買取の対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法